関西学生BBS連盟規約

第一条(名称)

当会は関西学生BBS連盟と呼称する。以下、「連盟」と略する。

第二条(運営)

当連盟は連盟役員と各所属団体の構成員のもとに運営され、これはキャンプ大原の助言に基づくものとする。

第三条(目的)

当連盟は関西の大学にあるサバイバルゲーム団体をまとめ、学生がゲームを企画・運営することによって学生間の交流を深めること等を目的とする。

第四条(役員)

第一項(役員職)

以下の通り常任役員職及び非常任役員職を設ける。

常任役員(各一名):連盟長、副連盟長、会計、会計補佐

非常任役員(各正規団体一名ずつ):代表、副代表

第二項(役員選出方法)

三月の連盟総会にて次期の正副連盟長を選出し、次期連盟長がその他の常任役員を選出し、総会が任命する。

非常任役員の選出は各大学で選出し連盟総会の出席をもって承認するものとする。また、非常任役員の数や役職は常任役員の監査の上変更する事が出来る。

第三項(職務)

各役職の職務は以下の通りとする。

・連盟長:キャンプ大原と各大学などとの連絡、予算の承認及び学連の指導を行い、役員会の議長を務める。

・副連盟長:連盟長の補佐及び、それに関わる諸活動を行う。

・会計:徴収される連盟会費の管理運用及び書記、実務補佐をする。また、大原の備品の管理を行う。

・会計補佐:会計担当者の補佐及び監査、またそれに関わる諸活動を行う。

・非常任役員:総会等の出席を必要とする集会に参加し、その都度必要とされる職務を全うする。

第四項(任期)

常任役員の任期は原則として一年とし、非常任役員に関しては制約を設けない。

第五条(集会)

第一項(定期総会)

定期総会を各年度の九月と三月に行い会計監査、役員承認会、運営方針会議等を行う。

三月の定期総会に於いては全役員の参加が、九月の定期総会に於いては常任役員全員と各団体の非常任役員最低一名の参加が望ましい。やむを得ない場合は全権委任をされた代表・副代表代行の参加を認める。

第二項(臨時総会)

臨時総会は、常任役員の過半数の賛成もしくは非常任役員三名以上の要求で召集されるものとする。臨時総会に於いては原則として常任役員全員と各団体の非常任役員最低一名の参加を求める。

第三項(その他集会)

総会での承認または常任役員の承認に基づき、連盟は集会を行うものとする。

月一回のゲームを定期集会とし、定期集会の日時は三月の総会で決定する。

第六条(正規団体)

第一項(分類)

連盟に加盟している団体は以下の条件のもと、二種に分類されるものとする。

・正規団体:(1)学生サークルとして継続して維持活動する意思を持ち、(2)連盟の集会に参加し、(3)連盟主催のゲーム以外の活動でも責任を持って活動するし、(4)この関西学生BBS連盟規約に同意する団体。二名の委任可能な投票権を持つ非常任役員の選出を義務とし、定期総会にて決定された回においてゲームの運営を義務とする。

・非正規団体:正規団体に必要な条件を一つ以上満たさない団体及び個人。非常任役員の選出を認めない。

第二項(運用)

分類が決定していない団体及び分類の変更が発議された団体は、その団体をどの種類に分類されるべきかを協議したのち決定する。

非正規団体が正規団体としての加盟を要求した時は全正規団体が賛成の場合のみこれを認める。

正規団体がこの関西学生BBS連盟規約や連盟の決定に従わない場合、常任役員の発議のもと分類変更の決議を求めることができる。全正規団体の三分の二以上の団体が賛成した場合、分類変更が可決されるものとする。

なお、正規団体は連盟費の支払い及び、学連の部外活動に出席する義務が発生するが、代わりに連盟が主催するゲームの参加費用の割引及び、総会での発言権を得る事が出来る。

第三項(脱退)

三月の定期総会で継続の意思を問い、継続は各大学の意志によるものとする。

ただし、脱退には脱退届の提出をもって承認とする。

第四項(卒業)

連盟に所属する正規団体の大学を卒業し、連盟のOB会に所属した会員(以下OB会員と呼称する)は、以下の規則に則るものとする。

・明確な理由などの説明がない限り、OB会員は連盟の活動に干渉しないものとする。

・OB会員は正規団体に属さないが、特例として連盟の定期集会に参加することを認める。ただし、参加する際は連盟の承認を得るものとする。

第七条(規約の改正)

連盟規約の改正は連盟長の発議または、連盟総会における各団体の要請によって行われる。改正には総会の三分の二以上の承認を必要とする。